Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>
JR三鷹駅北口前松山歯科医院
リンクはこの下、最後にあります
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
下顎第二大臼歯の歯根破折

JUGEMテーマ:歯の健康

下顎第二大臼歯は、歯根破折を起こしやすい。かみ合っている

上顎第二大臼歯には、少ない理由はわからない。あえて言えば

下顎のほうが虫歯が多いためでは、なかろうか。

抜歯することにより、下顎は偏位して、全体のかみ合わせに

変化を生じることについては、何回も触れているところである。

 

 

posted by: matuyamatetu | 咬みあわせ 噛み合わせ かみあわせ | 09:16 | comments(0) | trackbacks(0) |-
下顎第二大臼歯の歯根破折

JUGEMテーマ:歯の健康

下顎第二大臼歯は、歯根破折を起こしやすい。かみ合っている

上顎第二大臼歯には、少ない理由はわからない。あえて言えば

下顎のほうが虫歯が多いためでは、なかろうか。

抜歯することにより、下顎は偏位して、全体のかみ合わせに

変化を生じることについては、何回も触れているところである。

 

 

posted by: matuyamatetu | 咬みあわせ 噛み合わせ かみあわせ | 09:16 | comments(0) | trackbacks(0) |-
ルートサブマージェンス

JUGEMテーマ:歯の健康

 

root submergence である。

 

歯冠部分がなくなり、残った歯根部を歯肉下に埋めた状態に

しておく方法である。歯髄(俗に歯の神経)が感染していなければ、

歯髄を残して、そのまま埋めておく方法もある。

神経のない歯根では、感染していないことが条件である。

 

前歯部インプラントに関する論文で、歯根の唇側を残して削り取り

その内側(舌側)に、インプラントの埋入を行ったものである。

残して薄くなった歯根片は、インプラントと共に、歯肉下に

骨の中に埋入された状態に、なるのです。

 

目的とする利点は、全体を抜歯するよりも、歯根の唇側を残すことにより、

歯槽堤の吸収を防ぐことができ、審美性を保てるということである。

 

当然ながら、長期の予後観察が必要であると、結ばれていました。

 

 

posted by: matuyamatetu | インプラント | 20:05 | comments(0) | trackbacks(0) |-
疑問の咬み合わせ調整

説明もなしに、しかも同意を得ないで調整する。これは、ダメ。

 

咬み合わせが問題であることが、互いに認識してからの上での、しかもどのような

状況であるかの説明が、あってしかるべきです。

 

私の場合は、同意を得られたら、極わずかの削合を1本にして、しかも直ちに咬み合わせた

時に楽な感じがすること、咬み合わせが柔らかくなったことを確認してもらいます。

的を得て、的確であり、しかも最重要なことであれば、必ずと言ってよいほどの

反応が、楽な感じ・柔らかくなったです。

多数歯が問題の場合でも(少ないですが)、一回に2〜3本です。

咬頭頂を調整することは、滅多にありません。BULL,MUDLの法則は、咬頭頂には

触れているものではありません。

 

posted by: matuyamatetu | 説明しない歯科医 | 21:14 | comments(0) | trackbacks(0) |-
インプラント専門医?

JUGEMテーマ:歯の健康

 

私はインプラント専門医ではないことを、再三再四報告している。

ただし、日本口腔インプラント学会の発足当時からの、会員にはなっている。

 

医師の専門医制度は、日本専門医機構が発足して2年以上経過しており、着々と準備が

進められているようである。

 

歯科は歯科で単独1科となるが、その中でも一応専門医と称するものは存在している。

以下は、dental implantology 2013 vol.20  1 に寄せられた、NHK 報道局 記者

米原 達生 氏 の記事です。

 

3年後を目処に厚生労働省も入った第三者機関を作 り、主要な17の診療科について専門医の認定を

行う仕組 みになる見通しです。歯科においてインプラント専門医 も現状としては存在しますが、

それをそのまま専門医と して国が認定することには賛成できません。

第三者の目 を入れたり、審査を公開したり、可能であれば患者団体 などにも審査に加わってもらうことで、

公平な専門医の 認定を担保した、新たな資格を作ったほうが良いと思い ます。

もはや学会が自分たちだけで認定した専門医など、 何の意味もない時代に入っているのですから。

最後に、業界として明確な立場表明をすること。すな わち、インプラント治療とは何のためにあるのか、

どう いう患者さんに、どういう人生を送ってもらうためのものなのか、それを通じて社会に、

とりわけ超高齢社会に どう貢献するのかを、はっきりと宣言してほしいです。

それこそが、インプラント治療の社会的な評価指標になるはずです。

 

posted by: matuyamatetu | インプラント | 09:57 | comments(0) | trackbacks(0) |-
治療にかける時間

JUGEMテーマ:歯の健康

 

良い歯医者の見分け方が、相変わらず話題になることがおおいのである。

色々取りざたされる中で、治療のためにかけてくれる時間が話題になることは

少ない。必要十分な時間を確保するのは、なかなか大変なことであるが、

それを、互いに自覚していなければならないのである。

 

posted by: matuyamatetu | ネット相談を見て | 10:23 | comments(0) | trackbacks(0) |-
隠れたオープンバイト

咬み合わせの治療がもう少しで終了になる人がおられる。
本来は臼歯部の治療をしていたそうであるが、そこの歯科医院は
前歯が叢生であるため矯正を勧められるまま、また別の矯正専門医にて、
一部の小臼歯を抜歯する矯正を受けたのである。そうすると臼歯部咬合高径が
低くなってしまうことは、たびたび述べているところである。そのうえで
治療のためと?称して、臼歯部を削りまくって仮歯を入れられた状態で、
当院に来院したものである。2時間おきにしか眠れないという苦しみで
来院されたのである。仮歯の咬合高径を上げていったのであるが、本来の
歯の大きさを少し超えて、高くしなければ、ご自身は安静感が得られないと
いうことであるから、仕方がないのである。顎態によっては、もともと
咬合高径が不足がちになることがあるのだが、まさしくそれに加えて
抜歯矯正という追い打ちをしてしまい、さらなる咬合高径の不足を
招いてしまった良い例である。約3年を費やして、やっと安寧の地に

たどり着いたことになります。
最終的には、前歯部は、オープンバイトになってしまったが、御本人は
一向に気にする様子が見えない。もともと、そのような要素を有して
いたからであるし、きちんと説明もしているところでもあります

posted by: matuyamatetu | 咬みあわせ 噛み合わせ かみあわせ | 19:12 | comments(0) | trackbacks(0) |-
当院ではありえない話し

http://www2.ha-channel-88.com/bbs/kiji.php?no=375918

JUGEMテーマ:歯の健康

舌側矯正は、メカニズムから言うと難しい。簡単に言うと歯の

移動のコントロールが難しい。裏側からだと、当然ワイヤーの

長さが、短くなりその分曲げ角度が大きくなり、比例弾性限界に迫りやすくなる。

ワイヤーが変形してしまったり、矯正力が大きすぎたりして、

歯は移動させにくくなってしまう。それでも、表からは見えないという利点が

あるために、患者は利点として選択・希望するという市場原理が働いて、

顧客獲得には有利に働く。それでも、小生は舌側矯正はする気がない。

矯正専門医ではないし、積極的に宣伝するつもりもないからである。

矯正専門医での治療の、再治療はしているのではある。

posted by: matuyamatetu | 説明しない歯科医 | 21:23 | comments(0) | trackbacks(0) |-
マウスピース矯正

マウスピース型矯正装置によるトラブルが多くあり、治療指針作成のためのアンケート

調査をしており、集計中であるとのことが、今月届いたNews Letterにある。

 

2016.11.17 Thursday

を参考にしてください。問題意識を有していたところである。

posted by: matuyamatetu | 日本矯正歯科学会 | 11:54 | comments(0) | trackbacks(0) |-
開咬・無呼吸症候群・抜歯矯正

小臼歯抜歯がオールマイティではない。

心配なことに答えて。

 

http://www2.ha-channel-88.com/bbs/kiji.php?no=374310

posted by: matuyamatetu | 避けたほうがよい治療法と歯科医院 | 15:02 | comments(0) | trackbacks(0) |-