Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2016 >>
JR三鷹駅北口前松山歯科医院
リンクはこの下、最後にあります
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
矯正専門医でも

JUGEMテーマ:歯の健康

 

 

http://www2.ha-channel-88.com/bbs/kiji.php?no=362676

posted by: matuyamatetu | 矯正 | 17:59 | comments(0) | trackbacks(0) |-
顎関節の触診

JUGEMテーマ:歯の健康

 

顎関節の触診は、大切であるといえるだろう。筋痛の判断には

同部では外側翼突筋を触れることができる。咬合高径の判断

には特に重要視しているのだが、顎の開閉時カクンとなる

いわゆるクリック(症状)は、殆どの場合奥歯のかみ合わせが

低いときに生じる。本日は、臼歯部の咬合高径をなんとか

回復ししつつある患者さんの、顎関節の触診をしたのであるが、

以前にはなかったクリックについて説明させてもらった。

治療前は、関節円板が完全に変位していたのであるが、咬合高径の

回復とともに、関節円板が復位し始めたのである。そうすると

クリック症状が出始めるのであるが、これは以上のようなことなので

心配する必要はないということなのである。

このように関節円板のことを念頭において治療しなければならないのだが

多くの歯科医は無頓着である。ましてや関節円板の復位を

目指してある程度成果を上げることは、皆無に近いことなのである。

 

顎関節症の治療を掲げている歯科医のところでは、顎関節の

触診をしてくれますか。そして説明がありますか?。

posted by: matuyamatetu | 顎関節症 | 14:02 | comments(0) | trackbacks(0) |-
99%低いクラウン

JUGEMテーマ:歯の健康

 

99%かみ合わせの低い冠をかぶせられてしまうことは、

いやになるほど書いてきている。もしこのブログを

今見てくれているひとで、冠がかぶせられていたと

したら、その冠は99%かみ合わせの低い冠であろうと

言えることになる。今日は正直憂うつ状態であった。

その低い冠の上下近辺の歯冠修復処置をするときには、

必ずそのことが問題になってくる。多くの場合、その低い

冠に歩調を合わせた,いい加減なかみ合わせにせざるを

得ないのであるが、それでは良心の呵責に堪えない。

そうなると、きちんとしようと

なるのであるが、現在の健康保険制度下では、そのような

病名がないのであるから、できないことになる。

説明して理解してもらうには、時間がかかりすぎる。

それじゃ今日は、見過ごすことにしようかとなるのだが

心苦しい。そこで、今日は正直憂うつ状態であった、

ということなのでした。自分から言うのはおかしいが、

かみ合わせに造詣が深いばかりに悩むことになるのです。

posted by: matuyamatetu | 咬みあわせ 噛み合わせ かみあわせ | 19:22 | comments(0) | trackbacks(0) |-
インプラントでのクラウン、セメント固定・スクリュー固定

JUGEMテーマ:歯の健康

 

インプラントの上部構造におけるクラウンを固定する方式は、

 

表題のごとく2種類に大別できる。セメント固定式は私の場合

 

仮着するように心がけてはいるが、クラウンがはずれにくくて

 

苦労することが多い。これから高齢社会を迎えるにあたって、

 

手入れが比較的に容易なスクリュー固定式が容易でなかろうかと

 

いうのが潮流かもしれない。スクリュー固定式は術者可撤式とも

 

称するが、ねじでクラウンを固定する方式である。

posted by: matuyamatetu | インプラント | 16:32 | comments(0) | trackbacks(0) |-
親知らずに高価な治療? 破折して食べにくくなった?

JUGEMテーマ:歯の健康

 

現在までに、親知らずがかけて食べずらくなったと訴えられた

 

経験はない。正常なかみ合わせの持ち主ならば、下顎でいえば

 

第二小臼歯と第一大臼歯の中間すなわち5番目と6番目の歯の

 

ところが、咬む中心になる。になる。余程しっかりしたかみ合わせで

 

丈夫な歯でない限り普通は抜歯対象となる。

 

下記の相談を見て、不思議だらけである。

 

http://www2.ha-channel-88.com/bbs/kiji.php?no=360827

 

 

posted by: matuyamatetu | 避けたほうがよい治療法と歯科医院 | 09:21 | comments(0) | trackbacks(0) |-
ゴルフボールチン 

JUGEMテーマ:歯の健康

 

 

頤にしわを寄せることに対して。

 

http://www2.ha-channel-88.com/bbs/kiji.php?no=360421

posted by: matuyamatetu | 説明しない歯科医 | 20:54 | comments(0) | trackbacks(0) |-
矯正専門医治療のやり直し

 

矯正治療を他院で10年近く続けてきたという例である。

 

2016.06.17 Friday の最後のケース。

 

 

あまりにもお粗末すぎる。ブラケットの位置づけがまちまちであったり、

 

使えそうもない矯正用ミニインプラントが入っていたり、左上の第二大臼歯

 

のクラウンが低いまま、下顎第一大臼歯欠損のまま、そうなると咬合高径不足を

 

生じるのであるが、この重要なことに気が付かないというか、認識がないまま

 

何とか歯列を整えようとしていることが大きな問題である。

 

患者にしてみればこの10年は何であったのだろうか。多大な時間と費用を

 

無駄にしてしまった。顎関節を見据えた、咬合学に則っとった、審美的要素を

 

決しておろそかにしない矯正治療を初めて受けることにより、患者さんは

 

ようやく安心感が湧いてきたようである。いうなれば、わけのわからない、

 

無益な治療を延々と続けてきたということから脱却できるという安堵感にも

 

つながってきたからである。

posted by: matuyamatetu | 説明しない歯科医 | 19:15 | comments(0) | trackbacks(0) |-
インプラント即時埋入

JUGEMテーマ:歯の健康

 

 

インプラントを抜歯後ただちに・時間をおいてからの2方法で行いその差を

 

調べたものである。部位は明記されていないが、おそらく単根歯であろう。

 

インプラントは、シリンダー型で、埋入時のトルクはいずれも45N以上で

 

あったという。欧米の論文であるが、欧米人は顎がしっかりしていること、

 

比較的に早く抜歯することなどが、日本とは異なるところで、45Nという

 

数値に驚かされる。私の経験ではほとんどないことである。

posted by: matuyamatetu | 論文から | 18:04 | comments(0) | trackbacks(0) |-
抜歯矯正後の不調

JUGEMテーマ:歯の健康

 

抜歯矯正をしてから、いろいろな不調が生じるケースが少ないとはいえ

 

存在するのは確かなことである。長い間かみ合わせの問題に取り組んで

 

きたせいか、相談に来られる方が多い。私個人としては優に2百人以上に

 

なるであろうか。矯正を受けた歯科医に、相談したり、質問をしたりしたかを

 

尋ねると、ほとんどの答えは、気のせいではないだろうか、わからない、

 

今までこのようなことはなかった、などという回答しかもらえないようである。

 

一人一人の矯正歯科医にとっては、数少ないことかもしれないが実数はかなりの

 

ものになるのではなかろうか。不調を生じる%を知りたいものである。

 

抜歯矯正にはこのようなことを生じる可能性があることを、術前にはっきりと

 

患者には告げておくべきではなかろうか。無念やるかたないこの頃である。

 

posted by: matuyamatetu | 矯正 | 20:44 | comments(0) | trackbacks(0) |-
歯根破折

JUGEMテーマ:歯の健康

 

歯根破折は非常に多いものであることは、何回か報告している。

 

昨日は、歯根破折が原因で抜歯したのであるが、1年位前には

 

その可能性があることはわかっていた。通常有髄の生活歯

 

(神経が生きている)は、破折することはない。それでも高齢に

 

なってくると、歯髄腔の狭窄が始まり、生きた歯とは言えない

 

ようなことになると、破折まではいかないが、ヒビが入ることが

 

あるのです。これはレントゲン CTではまず発見できないのである。

Check
posted by: matuyamatetu | かみしめと歯ぎしり | 09:22 | comments(0) | trackbacks(0) |-