Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
平衡側干渉 2 咬んでいるときに反対の奥歯が当たる

固形物に限らず、何かものをかんでいいるときに、咬んでいる側の反対の

奥歯がぶつかってしまう現象です。これを平衡側干渉といいます。

正常咬合であれば、咀嚼側の反対側の顎の関節部分の先端は

(下顎頭といいますが)、関節窩から前下方に出てきますから、上下顎の歯は

互いに離れてゆくことになるので、ぶつからないものです。

ところが、奥歯の歯並びに問題があると、ぶつかってしまうことが

あるので、問題視するわけです。簡単に言うと食べてる側の反対の歯が

ぶつかってしまうので食べにくい、がりっと音がする可能性がある、歯の余計な

ぶつかりで痛む(咬合性外傷)などです。多くはそれほど強く

ぶつかることはなく、神経筋機構の調整(慣れと言ってよいでしょう)により

軽減されているものです。私はこのことを主訴にして来た人を診たことが

ありません。したがって等閑視されやすいのですが、咬合に神経を使っている

歯科医は、これをチェックするものなのです。奥歯の歯並びに問題があるとと、

しましたがこれは局所的なもので、全体の噛み合せで反対咬合の人は生じやすいと

感じています。論文ではアングル卦蕕任諒森嫗Υ馨弔覆匹箸垢襪里任靴腓Δ

目にしたことはありません。

 

以下のリンクは、咬みあわせの再構成にたづさわりながら、忘れていたという反省です。

http://dentistoffice.jugem.jp/?search=%CA%BF%B9%D5%C2%A6%B4%B3%BE%C4&x=18&y=13

 

posted by: matuyamatetu | 説明しない歯科医 | 13:23 | comments(0) | trackbacks(0) |-
コンポジットレジンの問題点

JUGEMテーマ:歯の健康

コンポジットレジンは、複合レジンの意味で、プラスチックにファインセラミックを混入

したもので、体積比では、80%以上になります。このファインセラミックのサイズは

現在ナノ単位だそうです。昔は明らかにザラザラしていたものですが、現在は、さらさらした感じですが、

先の細い、例えば探針と呼称する(エキスプローラー)で強くなぞると、わずかに黒線が

生じます。ということは、金属でも削られるということです。今回取り上げたテーマは

とがったり、細くなる部分は作れないということです。80%の残り20%がプラスチック

だとすると、たとえ歯への接着性があるとはいえ、咬合力には耐えられないからです。

前歯部では、審美的には非常に良い材料です。

下の写真は、回答者をしているサイトからのものですが、良い例なので

拝借しました。

下あごの奥から二番目の左右の歯をみてください。

向って右側はコンポジットレジン(CR),左は金属製のインレーです。

両者とも歯の奥の部分に注目してください。左のインレーは角があって

(辺縁隆線といいますが)、元の形を再現していますが、右のCRは

逆に凹んでいるくらいです。実はこのように広範囲に充填することになると、

次第に咬みあわせが狂っていくことがあるといいたいのです。

歯科医にとっては、手軽で良い材料ではありますがね。

 

posted by: matuyamatetu | - | 11:28 | comments(0) | trackbacks(0) |-
咬合挙上例 模型で説明

 

上の写真は、右下第一大臼歯にセラミックの冠を制作したものです。

元々のクラウンが低いので、とりかえました。下の写真と比較すると、

咬みあわせてある、上の歯の模型が少し持ち上がっているのが、

分かりますでしょうか。何となくわかる程度でよろしいのです。

仮歯をつけて、馴らし運転をしてきていますので、いきなり仮着します。

このままの状態が続くと、勿論問題ではありますが、時間が経つと、自然に

上下がしっくり咬みあうようになってきます。このことは、下顎の偏位した状態が

是正されたうえに、主に上顎の歯になるのですが、圧下されたり、あるいは挺出したりするからです。

咬合挙上をするときに患者さんに、ずいぶん乱暴に見えますが、我慢してくださいと

プリントを渡していましたが、このようなことなのです。

このケースは全体がしっくり咬み合っているか、6ヵ月以上経過観察しています。

 

7が圧下されている

posted by: matuyamatetu | 咬みあわせ 噛み合わせ かみあわせ | 12:53 | comments(0) | trackbacks(0) |-
咬合高径低下のイメージ

JUGEMテーマ:歯の健康

 

 

冠などを、被せる治療により咬みあわせが低くなります。

 

なんとかなってしまうのは、下顎が持ち上がってしまうからです。

 

たとえ最後臼歯の上下どちらかが一本でも可能性はあります。

 

これを理解していない歯科医が圧倒的に多いのです、上下隣の歯の圧下が生じて

 

やはり、下顎偏位を生じるからです。

 

   理解しやすいように、作図しました。

冠が低いと下顎が持ち上がる

posted by: matuyamatetu | 咬みあわせ 噛み合わせ かみあわせ | 18:38 | comments(0) | trackbacks(0) |-
総義歯に良い咬みあわせを付与するには 2

JUGEMテーマ:歯の健康

 

咬合平面板の中央三角部分は口腔内に入れます。

この三角部分は、歯列の外形を模してあり、これのガイドにより

歯槽堤を作り(制作途中はワックスで作り、最後にプラスチックに置き換えます)、

人工歯の配列も参考にします。

下は制作途中のワックス(蝋堤)で、顎・顔面との調和を図っているところです。

中央の歯(中切歯)が二本しかないのはまず真ん中を決めなくてはならないからです。

このようにして、三次元的な位置決めをしていきます。自然の歯並びにあてがって

歯列のバランスをチェックすることもできます。

これでお分かりかと思うのですがほぼ必須アイテムといえるのですが、私の予想では

普及率は50%にもならないはずです。

 

咬合平面板咬合平面板口腔内と口腔外の

posted by: matuyamatetu | 総義歯 | 14:56 | comments(0) | trackbacks(0) |-
総義歯に良い咬みあわせを付与するには

JUGEMテーマ:歯の健康

総義歯で良い咬みあわせにしたいなら、咬合平面板は

 

絶対に必要である。アルミニュームの板を加工した簡単な

 

ものですが、一万円近くします。歯科用の器具は何でも高いものです。

 

咬合平面板咬合平面板  咬合平面板口腔内と口腔外の

大工さんの墨出し器みたいなものです。墨出し器は水平・垂直を確かめたりするのですが

今では、レーザーでするものがあります。簡単なものはこれが一万円以下ですから如何に

歯科用製品が高いかボヤキになってしまいました。  

 続きます

 

posted by: matuyamatetu | 義歯 入れ歯 | 11:56 | comments(0) | trackbacks(0) |-
歯根破折の診断は難しいことがある

JUGEMテーマ:歯の健康

 

歯根が破折すると診断に難渋するときがあります。

 

破折を生じると何らかの症状があり、本人は気が付くことが

 

殆どである。派手に割れた場合は、大臼歯部で硬いものを食べた時に

 

バキット音がしましたなどと報告してくれます。そのようなときでも

 

それほど痛みは大きくないので、たいしたことはないだろうと

 

放置されることもあります。軽微な破折では、咬むと違和感があると

 

いう程度で止まりますから、、受診せずに置かれます。

 

受診するときは咬むと痛い・変な感じがする、歯肉が腫れたなどの

 

理由です。破折部が歯肉の上縁に近いときはそこから、感染して

 

深部に伝わりますから、歯周囲炎となり腫れるのです。

 

写真はレントゲンでは、破折線は映らずこのようなケースではcTでもむりです。

 

写真のケースは、破折線は映らないけれど、突然現れた歯根周囲の一部骨の

 

吸収像からと、経過の問診、症状から歯根破折と判断したものです。

 

破折線が歯肉縁下なので、歯肉を剥離して観察しても決してわかりません。

 

写真は、抜歯してからすぐに見ても判定できず、時間をおいてから齲蝕検知液を

 

塗ってようやくわかったものです。

 

歯根破折

左側の歯根に赤い線が認められます。これが破折したところです。

このまま経過するわけではなく、破折が拡大していき最終的には分離

してしまいます。

 

posted by: matuyamatetu | 雑感 | 09:05 | comments(0) | trackbacks(0) |-
矯正治療不満の原因

歯の相談コーナーで、矯正治療が終わってから、あるいは終了間際になって不満・不信を訴えるケースが

 

多いのですが、その原因を想像してみました。

 

相談する人の居住地は、地方に多いのですが、専門医が少ないために選別の余地がないために

どうしても特定の医院に限定されてしまう。

地方でも、矯正医療の要求が高いので、患者数が多くて忙しい故に、十分な時間を確保できない。

若い歯科医が多く、クライアントに十分満足してもらえるノウハウを持ち合わせていない。

などがあげられるのではなかろうか。

 

 

 

 

posted by: matuyamatetu | 矯正治療で説明しない歯科医 | 14:00 | comments(0) | trackbacks(0) |-
リップサポートと違和感

JUGEMテーマ:歯の健康

 

総義歯で問題になることが多いのだが、上前歯の人工歯が

適切な位置に配列されていないと、口元が生気のない、要するに

老人くさいものになってしまう。永年関わらせてもらっている

ことから、この人は適切な前歯の人工歯が配列されていない

と感じるのが殆どである。実は上下の咬みあわせの高さも重要で、

奥からの咬みあわせが低すぎると、簡単に言えば、下の歯がつかえてしまう。

このような場合は、短めの人工歯の切端を外に向けてちょこんと

取り付けるものだから、、出っ歯のごとくあっちむいてほいでは

ないけれど、ショート出っ歯になってしまいます。

また十分に張りのあり、上口唇をしっかりささえていないと、しわができたり

間延びした口元になってしまいます。唇をかみやすくなったり、張りを失うために

唇の違和感に悩む人もいます。以下のリンクは義歯ではなく、ブリッジのケース

ですが、リップサポートの要素がからんでいるのではないかと思い投稿しました。

 

https://www2.ha-channel-88.com/bbs/kiji.php?no=428431

 

それにしても、回答に対する返事がないケースガ以前より多くなった気がします

posted by: matuyamatetu | 説明しない歯科医 | 00:28 | comments(0) | trackbacks(0) |-
咬みあわせの誤解を解く

JUGEMテーマ:歯の健康

 

精神的なこと、いままで経てきた経験のつみかさねによる間違った思い入れ、実証が

難しいこともあることなどからです。咬みあわせは良くわからないととぼけていた方が良いのではないかと

思うときがあるくらいです。

治療によりだんだん咬みあわせが低くされてしまうことは、何回もかいていますが

治療を受ける人の思い違いもあるようです。

歯科医は認識していない事が多いのです。

下記リンクは典型例です。実に多いのです。

 

https://www2.ha-channel-88.com/bbs/kiji.php?no=428378

posted by: matuyamatetu | 説明しない歯科医 | 00:31 | comments(0) | trackbacks(0) |-