Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< December 2016 >>
JR三鷹駅北口前松山歯科医院
リンクはこの下、最後にあります
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
インプラントのかみ合わせが低いkとに対する返答

JUGEMテーマ:歯の健康

 

やはり噛み合わせ専門の歯科医に診てもらわないとわかってもらえないでしょうか?

 

私の返答

質問には同業者の立場から答えにくいことですから、以下を参考にしてください。
 

”最近になってわかったことだが,今の歯科大学教育では歯科医療の要となる「咬合」について十分な内容が組 み込まれておらず,その状況は興味深くもあり,驚くベき惨状でもある。補綴学の大学院生教育の長と夕食をともにする機会があり,これについて話を聴くことができた。大学院の1年生は咬合について初歩的なことも理解 しておらず,基本的なレベルの咬合の知識を教えるだけでも膨大な時間を費やさねばならないのが現状であるとの意見を聴いた。私が教壇に立っている3力所の大学院歯周病科においても同じ状況であることは大学院生たちとの対話を通じてわかっていた。一つの歯科大学では, 歯学部長からの通達で,今後は下顎無歯顎症例に対し2 本のインプラントと連結バーを具備する総義歯のみの製作を認める主旨が歯科学生(アンダーグラジュエート)の 教育に盛り込まれた。このような補綴はたいていの症例で良好な治療結果を生むことには同意できるのだが,歯科大学の3年生や4年生が咬合(および,それ以外の分野の臨床応用)に関する広範な知識を持たずして,そのような治療を満足にできるのかと問われると疑問であろう。つまり,咬合状態に配慮をすることなくして,歯科学生や歯科医師は小さな補綴のための金属修復物を正しく製作できるのであろうか、いわんや,、、、”

The International Journal of Periodontics & Restorative
Dentistry

Volume13,Number5 2005 Guest Editorial Voice より抜き書き
外国人の巻頭言的なものです


http://www2.ha-channel-88.com/bbs/kiji.php?no=370726

での回答です」。

他院でのインプラントは、咬み合わせの低いものばかりという、このブログで

取り上げている状況がおあわかりいただけるでしょう。

 

posted by: matuyamatetu | 咬みあわせ 噛み合わせ かみあわせ | 09:01 | comments(0) | trackbacks(0) |-
コーヌステレスコープ義歯の内冠仕上げ

JUGEMテーマ:歯の健康

コーヌステレスコープ義歯は、内外冠が一組になって維持力を発揮するものである。

日本に、この義歯を紹介したと言われる歯科医の手になる、この義歯を診せて

もらう機会があった。しかしながら傾斜歯に対して行う、脱着方向との並行性を

確保する、negativ winkel と称する、内冠に対する処置がされてないままの

技工操作からなるもので、内冠は歯頚部で歯と隙間ができてしまうものであった。

しかも内外冠の適合が悪く、制作当時から維持力のないものであったらしく、

今でもそれは、続いているから、私のいうところのコーヌスもどきである。

かくて、20年近くになるであろうか、他院でのものはすべてコーヌスもどき

であることになる。維持力を発揮する、コーヌス内外冠が一組になっている、

見本をお見せしたら、その違いを納得された様子であられた。

 

 

posted by: matuyamatetu | 義歯 入れ歯 | 21:21 | comments(0) | trackbacks(0) |-
顎堤の保存とインプラント

JUGEMテーマ:歯の健康

 

 

早くに歯を失うと、年月がすぎるにつけ、顎堤は吸収して痩せてしまう。

したがって健康な歯を保存することに努めるのは大事なことである。

ところがである、根尖性歯周囲炎、歯槽膿漏などに罹患していながら

治療せずに、ただただ、歯を残したいの一念でおいておくと、顎堤は

吸収を続けるのである。見切り千両が必要である。

ある程度、顎堤のボリュームがあり、しっかりしている状況ならば、

早期にインプラントを埋入すると、顎堤の吸収はかなり防げるのである。

矢印部分は早期の抜歯により顎堤が吸収した様子で、左の黒丸部分は歯があり、

見やすくするために根元で切断したように見せている部分です。

左右の違いを見比べてください。

顎堤の萎縮

posted by: matuyamatetu | インプラント | 20:32 | comments(0) | trackbacks(0) |-
骨を削らないインプラントという宣伝 続き1

JUGEMテーマ:歯の健康

 

骨を削らないインプラントという宣伝
posted by: matuyamatetu | インプラント | 22:22 | comments(0) | trackbacks(0) |-
一日で美しい歯を取り戻す 普通のインプラントとは違う 宣伝文句

この記事を投稿しようとしてクリックをすると、現われてくるのである。

骨を削らないインプラントという宣伝
posted by: matuyamatetu | インプラント | 18:28 | comments(0) | trackbacks(0) |-
不本意な抜歯

JUGEMテーマ:歯の健康

 

歯冠の崩壊が大きいと、支台築造と言う方法で土台の強化というか、

そのものずばりで土台を作ることが多い。今日抜歯せざるを得なかった歯は

金属の土台が入っているのだが(メタルコアーなんて言い方もする)、

その底部は歯根のほうに延長されていて、なんと歯根を突き抜けて

いる状態が、レントゲンではっきりしていた。余談だが、CTではハレーションを

起こして、はっきりしないこともあります。そのためにいつも違和感があり時々

腫れれるということでした。こうなると(つきぬけて)骨は金属を異物と認識

するために、骨は解けることにより対応しようとする。もちろん骨の支持を

失うのであるから、将来歯を失うことになるのだが、それまでには、慢性炎症の

継続と急性炎症の交互の出現である。大臼歯部は髄床底(神経が入っていた空洞の底部)

と称するのであるが、船底みたいなものでなるべく削らないようにして歯を保護する気持ちで

扱わなければならない。そのようなことにもかかわらず、その歯はエアータービン

(例のキーンと音のする)で削合したのが明らかな様子があるのです。

それは金属の土台の底部が角張っているからである。1分かそこいらの

時間の経過中の出来事のはずで、それは目的に合った器具を用いず、不注意な削りすぎで、1本の歯を

ダメにしてしまったということであるから、無力巻が漂うのである。些細なことと言うか、ちょったした

こと(器具の準備をしたうえでの正しい使い方)ではあるが、結果は重大である。

このように歯の治療については、細かい注意が山ほどあって、大学では教えきれないというのが実情である。

歯科医そのものの品性にもかかわるのでしょうが、、、。

 

posted by: matuyamatetu | 避けたほうがよい治療法と歯科医院 | 21:09 | comments(0) | trackbacks(0) |-
クラウンの誤差

JUGEMテーマ:歯の健康

 

ある歯科関係の商社の小冊子からである。

 

CAD/COMでのジルコニアクラウンのほうが、一般的に行われている

印象採得でのクラウンよりも精度が上がるというような記事が

見られた。しかしながら、これは、現段階では間違いである。

明らかに従来からの印象採得のほうが精度が高いのである。

ある歯科医が登場するのであるが、今まで、クラウン製作では、

相当ラフな仕事をしていたのではないかと、勘ぐってしまうくらいである。

以上は口腔内スキャナーを用いての型取りの話である。

posted by: matuyamatetu | - | 09:34 | comments(0) | trackbacks(0) |-
骨を削らないインプラントという宣伝

JUGEMテーマ:歯の健康

このブログを見ていただいているかたは当然JUGEMを利用しているとわかるはずです。

今、チェックしようとして、管理者のページを開けてみたら、突然目に入ってきたのは、

 

”まだインプラント治療はしないでください*従来のインプラント治療は危険です”

に続く宣伝謳い文句。

 

ちゃんとお金を払っているブログなのだから、こんないやがうえにも目に飛び込んで

くる宣伝は掲載しないでもらいたくない。表示しないようにする機能はあるのだろうか。

 

本題である。骨に小さな縦溝上の穴をあけて、これを徐々に少しづつ太い器具に

とりかえながら、この縦溝を拡大していくことにより、インプラント埋入窩を

作成するというものである。

 

これ、後で痛いですよ!骨が圧縮されたり、薄いところは裂けて(一種の骨折)

しまうからである。

骨の頂上が薄い時に全術式の中で、一部を取り入れることはありますがね。

 

インプラントしないでください.gif

 

 

 

 

 

 

posted by: matuyamatetu | インプラント | 12:22 | comments(0) | trackbacks(0) |-
抜歯しようとしたら歯と骨の癒着

JUGEMテーマ:歯の健康

 

歯と骨との癒着は機能していない歯に多いものである。抜歯の時は骨癒着が常に

念頭にあるので、レントゲンでは事前に確認はしておくものである。

それでも、実際に取り掛かってみないとわからないこともあり難儀することが

多いものです。非常に困難になりそうなときは、あえてそのときに抜歯せずに、骨鑿で

ゆさぶりをかけておいて、2〜3週間後に再度抜歯に取り掛かるのである。

そうすると、信じられないくらいに簡単に抜けるのである。

今日の上顎親知らず抜歯はそのようなケースであった。あれほど難儀したものが

ものの2〜3分で抜けたので、信じられない様子であった。

幸いなことに、根尖部にねじれがあってこれがために、引っかかって抜きにく

かった原因に加担していたようであった。無理して抜いていたら、ねじれ部分が

破折したかもしれないのである。2度手間になってしまうのであるが、以前からの

患者さんが故に、理解されたうえでのことであるからして、本当にうれしそうな

様子であられた。

ところがである、サイトを見てこられた方は、これをやったら説明してあるにも

かかわらず、不信感があらわになったうえで、転医を表明したのである。

次は簡単に抜けるであろうことだから、あのへたくそ歯医者と思っているに違いない。

信頼関係が大事な例である。それにしても水平埋伏で骨癒着があり、

位置的なことでも難しい親知らず抜歯であっても、一律料金である。

国際比較で、1/5~1/3といったところであろうか。

posted by: matuyamatetu | - | 19:44 | comments(0) | trackbacks(0) |-
歯根破折を接着して再植は無意味に近い 再掲

JUGEMテーマ:歯の健康

 

歯根が破折した歯を外部「体の外で)で接着して、再び顎骨内に戻す治療が

一部で行われている。下記の本から抜書きさせてもらったのだが、これに対する

批判である。

 

接着・再植術を希望する患者への対応

当院にも良く「破折した歯も、くっつけて残せると聞いたんですが、との問い

合わせが来る。しかし、科学的な情報を伝えると皆一様にがっかりして、そして

ほとんどの患者がその後に抜歯を選択する。もちろん、一部の患者はそれでも歯の

保存を希望するが、これは患者が生物学的、経済的な妥当性よりも心情的に歯を保存し

たいという気持ちを優先しているからである。この様な患者群のみが接着・再植術の適応となり、

「患者利益」になるケースといえるのであろう。


筆者が個人的にこの処置法が龍醗紊嚢圓錣譴襪戮てないと考える、

1医学的、 2倫理的、3経済的理由を説明する。

 

1 生物学的治癒が起こる可能性が低いこと

2  この治療術式に対する、臨床的.抖学的根拠が少なすぎる事から、現時点では実験的な治療の枠を超えるべきではない。つまり、前向き研究としての実験計画を作り、倫理委員会をへて、治療了倭阿亡擬圓房存鈎奮の治療であるとの説明を して同意が得られ、全てのデータを公間し最終的的に論文として発表するための治療に限るべきである。臨床術式を含めたすべてのプロトコ一ルが統一された十分 な量のデータを集めるためには、間業医では困雜である。また、接着.再植術は 歯根表面に接着材料が露出し、この部分が生体組織に触れる事になる訳だが、こ のことに対する人体への安全性の確認が十分に行われていないことに加えて、薬事法的な問題も解決されているとはいえない。正しい情報を理解した上でこの処置を選択する患者が少ない事である(患者利益につながるケースが少ない)。

3 患者、術者ともにその他の代替処置と比較して費用対効果が悪くなる可能性が高い。コストは誰かがどこかで支払わなければならない(例:患者が自費で負担する、術者が自分の持ち出しで処置を行う、仮に健康保険に導入されれば国民が支払う保険料で支払われる)が、実験的な治療にかかるコストは実験者が負担、もしくは調達するのが筋であろう。この処置に関わってきた研究者、臨床家の方々は、筆者の考察に憤慨するかもしれない。しかしながら冒頭でも述べた通り、処置や研究を否定するのが目的ではない事を是非ご理解いただきたい。むしろ今後もこの処置が発展するための研究や、 正当性の持てる場での処置を続けていただきたいと思っている。筆者がここで強調 したいのは、現時点では龍醗紊行うべきではないということである。医療に携わるものは、「患者利益」のために科学に基づいた診断と治療を行うべきと考えるか らである。

 

歯牙破折の分類・審査・診断・マネージメント

著者 尾上正治 清水香織 李光純

 

以上のように歯根破折歯の接着再植は、科学的には問題のある処置である。

従って、私は試そうとも思わないし、初めて目にした時は批判的な態度以外の

何物でもなかったのである。

 

歯科相談サイトを見る限り、根強い施術者と希望者の関係が、まだまだ出現し続けるのであろう。

 

http://www2.ha-channel-88.com/bbs/kiji.php?no=367361#01

posted by: matuyamatetu | 説明しない歯科医 | 15:33 | comments(0) | trackbacks(0) |-