Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
再びバイトプレーン
 顎関節症を治療するときには、顎の変位を探らなければなりません。
治療初期には顎の変異を感じ取るには役立ちますが、これを装着し続けるわけにも
いきません。以下はアメリカ歯科医会によるADAのコクラン報告の文献報告抜粋。

赤色の文だけ見てください。. REVIEWER'S CONCLUSIONS: There is insufficient evidence either for or against the use of stabilisation splint therapy for the treatment of temporomandibular pain dysfunction syndrome. This review suggests the need for further, well conducted RCTs that pay attention to method of allocation, outcome assessment, large sample size, and enough duration of follow up. A standardisation of the outcomes of the treatment of PDS should be established in the RCTs.

PMID: 14973990 [PubMed - indexed for MEDLINE]


posted by: matuyamatetu | 顎関節症 | 17:35 | comments(0) | trackbacks(1) |-









この記事のトラックバックURL
http://dentistoffice.jugem.jp/trackback/326
トラックバック
2009/06/19 3:34 PM
顎関節症や歯ぎしりに悩まされている方も少なくないようです。 顎関節症の治療に「スプリント」というプラスチック製のマウスピースを使うことがありますが…
新潟県長岡市の予防歯科・口腔内科