Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
上顎臼歯部の低位 顎関節症
 経験的な主張であるが、顎関節症になる人の上顎後方臼歯部の低位なことが多い。

かみあわせで低位とは、歯が咬合平面に達していないことをいうのであるが、

簡単に言うと奥歯の咬みあわせが低いことになる。学術的に言うと臼歯部

咬合高径が足りないということになるのであろうか。口腔内の観察では

わかりにくいのであるが、歯の型を採ってみるとわかりやすい。もっとも

咬合平面板にて上顎臼歯部歯列の弯曲度を調べてみるとわかるのであるが。
posted by: matuyamatetu | 説明しない歯科医 | 09:07 | comments(1) | trackbacks(0) |-
抜歯矯正後身体の不調が続いた数年間が、まるで嘘のように、身体も心も回復しています。
親から授かりし身体を、安易に、抜歯などしてしまった、その罰が当たったのかと思います。
先生、救っていただき本当にありがとうございます。
| 新潟の土田です | 2013/01/31 9:34 PM |









この記事のトラックバックURL
http://dentistoffice.jugem.jp/trackback/632
トラックバック